事務所ニュース

経営・労務管理に役立つ情報を毎月冊子でお届けしています。このサイトでは、一部を抜粋してPDFファイルで掲載しています。

Adobe ReaderPDFファイルを閲覧するためには、Adobe Readerが必要です。

月号 トップ記事タイトル
2018年10月号new 「リハビリ」の趣旨逸脱は厳禁−賃金支払求められる可能性も
2018年9月号 兼業容認で労災保険見直しへ−過重労働防止は事業主に責任
2018年8月号 再雇用者の賃下げで注目判断−「不合理な取扱い」に該当せず
2018年7月号 学生に対する労働法教育強化−採用者側も知識向上が課題に
2018年6月号 上限規制クリアへ業務効率化−猶予あてにせず早めの対応を
2018年5月号 記録文書の保管管理は厳正に−証拠能力が失われるおそれも
2018年4月号 改革派の意向どう反映するか−経営トップとしての腕の見せ所
2018年3月号 自動車業界特有の事情が影響−「クーリング」は万能策でない
2018年2月号 欠勤などの連絡をライン等で代替−本人意思の記録方法が問題に
2018年1月号 通信機器の発達と働き方改革−解釈例規も世につれて変わる
2017年12月号 目立つ主張に振り回されるな−目標達成に向け柔軟な選択を
2017年11月号 「私生活の乱れ」で解雇処分?−企業運営に影響なければムリ
2017年10月号 加速度的に進む最賃の引上げ−今後は「同一賃金」対策も課題
2017年9月号 似て非なる「指導」と「いじめ」−パワハラ上司に厳しいお灸を
2017年8月号 紛争解決の現状を正しく理解−意外に多い「金銭による解決」
2017年7月号 「業態による限界」に挑む動き−長時間労働の削減へ再工夫を
2017年6月号 「話せば分る」は遠い過去に?−難しいネット世代の意思疎通
2017年5月号 プレミアムフライデーの効果?−法的な強制力で「総量規制」へ
2017年4月号 保険料軽減で浮かれるなかれ−高齢者の有効活用に一工夫を
2017年3月号 過重な残業命令を出した責任は−事業主も「不作為」で処分対象に
2017年2月号 加齢に伴う体力低下と雇用−一律に「不適格」の烙印はダメ
2017年1月号 年賀ご挨拶
2016年12月号 無責任体制では改革進まない−「賞罰」明確にし組織活性化を
2016年11月号 休日の社内メールは自粛へ!?−業務命令とみなされる恐れも
2016年10月号 多様化するハラスメント規制−時流の変化踏まえ管理強化を
2016年9月号 過半数代表の選出は適正か?−手続に瑕疵あれば効力に影響
2016年8月号 長時間労働で違反企業名公表−ブラックに非ずとも是正必要
2016年7月号 商売の国際化に伴う落とし穴−潜在リスク洗い出して対策を
2016年6月号 法整備で徐々に埋まる「外堀」−60歳代後半まで就労の時代へ
2016年5月号 人材選抜の基礎は正確な情報−不偏・公正な意見を広く収集
2016年4月号 育休の濫用は他人事でない!?−副業従事者がいれば問責可能
2016年3月号 ドライバーの体調管理を徹底−「気付かなかった」は通用せず
2016年2月号 専門型・万能型をうまく併用−評価の視線を変え人材発掘を
2016年1月号 年賀ご挨拶
2015年12月号 W杯出場も業務行為とみなす−何ともイキな労災の認定基準
2015年11月号 他人事でない難民の受入問題−経済活力高める潜在力を有す
2015年10月号 政府掛け声に揃わない足並み−賃上げは企業独自路線が主流
2015年9月号 キリギリスにも「3分の理」?−自社の利点知る経営者は強い
2015年8月号 平易そうな用語が実は難解−面倒でも法的定義の再確認を
2015年7月号 中小でのストレス検査活用−行き過ぎた情報収集はタブー
2015年6月号 連続労働は身体・精神を蝕む−「働く人に優しい」勤怠管理を
2015年5月号 聞く耳を持つ上司が偉いか?−「ブレない心」で信頼を獲得
2015年4月号 休日減らして計画年休付与?−賃金同額でも補償の義務発生
2015年3月号 信仰の自由はどこまで保証?−営業者側にも選択権を認める
2015年2月号 実質賃金の目減りが慢性化へ−収入を超える物価上昇が要因
2015年1月号 年賀ご挨拶
2014年12月号 石綿健康被害で画期的な判決−リスク事前予測の責任は重い
2014年11月号 増える「不本意パート」の若者−能力発揮できる機会の拡大を
2014年10月号 自宅でパソコン作業中に負傷−豪雨が原因なら労災と認めず
2014年9月号 派遣社員に機密アクセス許可時−万全な「情報漏えい防止対策」を
2014年8月号 危険任務の業務命令は有効!?−義務には「本来的限界」がある
2014年7月号 成績低迷社員の解雇は慎重に−「絶対考課」で能力不足証明を
2014年6月号 コンビニ店主も労働者に該当−時代に合わせ法解釈も変わる
2014年5月号 歩合給めぐるトラブル回避へ−「仕事完成」の条件を明確に!
2014年4月号 「予防的解雇」は認められない−事件起こして初めて処分可能
2014年3月号 外国人技能実習生への関心高まる−「職場の国際化」に前向き対応
2014年2月号 政局劇に左右されない改革を−労働時間規制の抜本的再編へ
2014年1月号 年賀ご挨拶
2013年12月号 イクメン企業を厚労省が表彰−先進企業も主流は「短期取得」
2013年11月号 「ブラック企業」撲滅へ本腰−世論が労働市場の適正化促す
2013年10月号 「分かりやすい」仕組みに統一−派遣拡大に向けて方針大転換
2013年9月号 短時間勤務の規定整備が急務−「希望者が出てから」では遅い
2013年8月号 コンピュータ解析にも落し穴−最終決断は経営者の双肩に!
2013年7月号 労働行政は「指導前置」が原則−誠実な対応で無用な摩擦回避
2013年6月号 障害者雇用促進で改正案上程−快適に働ける環境整備が課題
2013年5月号 景気の上げ潮基調は本物か?−政策主導でボーナス高額回答
2013年4月号 新卒者の採用にこだわらず?−「世間の機微」知る人材を選抜
2013年3月号 影を潜めた職場の「鉄拳上司」−代ってパワハラがまん延
2013年2月号 過半数で決められない問題も−拙速の労働条件変更はご法度−
2013年1月号 年賀ご挨拶
2012年12月号 「なし崩し」は職場秩序を崩壊−無法状態の継続を黙認しない
2012年11月号 高齢者の継続雇用とその限界−合理性あれば解雇処分も可能
2012年10月号 重要改正法案二件が成立−施行前の猶予期間に有効対策を
2012年9月号 「仕事と家庭の両立」支援を−改正育休法の全面施行に対応
2012年8月号 業務に起因する精神障害−法改正でより公正な労災認定へ
2012年7月号 絶対評価の含意を改めて確認−「数字」 正しく評価する目養う
2012年6月号 「新人」なら許されることも・・・−責任ある立場を自覚して行動を
2012年5月号 パートの社会的定義に変化!?−「家計補助者」から「労働者」へ
2012年4月号 病気で就業禁止を命じる前提−経営者として最善の努力必要
2012年3月号 「65歳全員雇用」時代が目前に−高齢者に「現役意識」の浸透を
2012年2月号 共に働く仲間がいるあり難さ−社内の連帯感を再確認しよう
2012年1月号 年賀ご挨拶
2011年12月号 「慣れ合い」の職場風土に活!!−新メンバー加入で気分刷新を
2011年11月号 世間で目立つ抗議集会の開催−再び集団方式の紛争が台頭?
2011年10月号 目先の利益追求から決別を−労働法令順守が経営の王道
2011年9月号 目的意識に乏しい大卒若年者−「年の功」で優良人材を見極め
2011年8月号 公人の立場で批判しあう−日本的あいまいさから脱却を
2011年7月号 業績下方修正は不可避だが−「心配り」の評価で人心を鼓舞
2011年6月号 先人たちの愚直な姿勢に学べ−「雨にも負けず」で郷土再興を
2011年5月号 天災で事業主が負う責任は?−労災・賃金の基本事項を確認
2011年4月号 賃上げ交渉は力と力の対決!?−相手事情に十分配慮すべき
2011年3月号 決断下すトップの責任と孤独−独裁者には市場がしっぺ返し
2011年2月号 「真実性要件」厳しく問われる−内部告発が全て「善」ではない
2011年1月号 年賀ご挨拶
2010年12月号 隠された不満の早期発見を−不条理行動にも「三分の道理」
2010年11月号 ペイオフ時代に突入した日本−「通貨払原則」の重みを再確認
2010年10月号 「日本型雇用」に再評価の動き−行き過ぎ認め軌道修正も必要
2010年9月号 絶対普遍の基準は存在しない−「虚心」に批判受入れ改正を
2010年8月号 工夫・創造の余地は無限に−「技術立国」として復権目指せ
2010年7月号 「不可抗力」でも経営トップの責任−言い訳は誰も聞いてくれない
2010年6月号 私生活に問題ある社員を処分−会社の体面毀損が前提条件に
2010年5月号 無気力部下と面談時の心得−「自分に甘い」は世の常なり
2010年4月号 賃上げ保留−格差の合理的説明が重要に
2010年3月号 賃上げ交渉−長期的視点も加味して決定を
2010年2月号 「私的発言」に大人の対応を
2010年1月号 年賀ご挨拶
2009年12月号 規定改定時には懇切な説明を
2009年11月号 評価プロセス経ることに意義
2009年10月号 ボーナスの存在価値問い直せ
2009年9月号 意見集約の法的根拠確認を
2009年8月号 裁判員業務は公民権の行使
2009年7月号 感染症対策は社内外に配慮を
2009年6月号 違法状態改善が最善の対応
2009年5月号 「同じ志」の従業員を結集!
2009年4月号 労士協調で生活基盤を守れ
2009年3月号 経営者自らの言葉で呼掛けを
2009年2月号 派遣切りで企業対応力に限界
2009年1月号 年賀ご挨拶
2008年12月号 賃金は安定性にも配慮が必要
2008年11月号 人材ビジネスも選別の時代へ
2008年10月号 「大同」の目標で求心力確保!
2008年9月号 長期的観点で公平な選考を!!
2008年8月号 「ガス抜き」対策は万全に!!
2008年7月号 企業は何のために存在するか
2008年6月号 高齢者も次世代育成に責任
2008年5月号 懲戒めぐるトラブルの防止を
2008年4月号 トップの決断で共倒れ防げ
2008年3月号 セクハラ定義の正確な理解を
2008年2月号 最低賃金規制を一段と強化へ
2008年1月号 年賀ご挨拶
2007年12月号  顧客は会社の正当な財産
2007年11月号 ウの目タカの目で人材発掘を
2007年10月号 「自己満足」の計画からの脱却を
2007年9月号 自社製品を家族に誇れるか